人が亡くなったとき

葬儀の事前準備
お香典返しとは?
よい葬儀社
危篤から葬儀まで
喪主の挨拶
葬儀・お通夜のマナー
葬儀の種類
葬儀の費用
葬儀後の手続き

葬儀の事前準備

人が亡くなった場合、その方の冥福を祈り別れを惜しみ残された方の気もちの整理をつける時間、というような意味を持つ儀式が葬儀(葬式)です。
葬儀を行うという経験は何度もあることではないと思います。
葬儀は人が亡くなってから行うものなので、早くから準備や相談をすることは、気もち良く思えない方もまだまだ多い時代です。
葬儀とは、死後数日で行うものなので慌ただしく、また葬儀を行う立場というときには、近しい人が亡くなった場合だと思いますので、悲しみから立ち直ることにも
時間がかかると思います。
具体的な話を相談できるのであれば、生前に話し合っておいたらよい葬儀が行えるのではないでしょうか。
最後の儀式を事前に相談しておくことは、本人にも遺族にもいいこともあると思います。

・葬儀業者を時間をかけて選ぶことができる。
・本人の希望の葬儀の規模や形式を選ぶことができる。
・金銭的な交渉や相談をしておける。
・遺影や遺品を自分で残すことができる。
・知人の連絡先を管理しておける。
・万が一の場合、葬儀の準備をしてあることでお別れをゆっくりできる。
など、メリットは多いと思います。

いつか人間は死んでしまうときがくるのです。
その時に、近しい人は悲しみに暮れることでしょう。
自分の葬儀に周りに迷惑や手間をかけさせたくない、と考える方も多いと思います。
生前にこういったことを話し合っておくことで、スムーズに葬儀がすすみ、混乱やトラブルが少なく故人の最後の儀式を行えるのではないでしょうか。
慌てて葬儀業者に頼み、葬儀の規模や内容の説明もよく理解できないまま依頼し、遺影を急かされて選び、参列してくださった方へのお礼まで手が回らず、
支払いのときには予算オーバーしていて・・・など、後悔してしまわないように、事前に準備されることをお勧めします。

最近では、生前に自分で墓地や墓石を用意し葬儀業者にも葬儀の依頼をしておく方が増えてきているそうです。
そのようなサービスも増えてきているのも事実で、自分の希望に沿った最後を迎えたいと考える方が増えてきているのかもしれません。