人が亡くなったとき

葬儀の事前準備
お香典返しとは?
よい葬儀社
危篤から葬儀まで
喪主の挨拶
葬儀・お通夜のマナー
葬儀の種類
葬儀の費用
葬儀後の手続き

よい葬儀社を選ぶために

葬儀を行うことになった場合、形式や費用を決めたらできるだけ早めに葬儀社に依頼すると良いでしょう。
病院などからの遺体の搬送や死亡届などの役所の手続きなど葬儀社で引き受けてくれます。
といっても、突然のことであればどこの葬儀社に依頼するのか悩まれると思います。
警察署や病院で紹介してくれる葬儀社もありますが、インターネットや電話帳などで調べることもできますね。
お世話になっているお寺や知人や自治会に尋ねてみると、葬儀社の評判や内容がある程度つかめそうです。

故人とのお別れの儀式ですので、できるだけよい葬儀を行いたいものです。
いい葬儀=よい葬儀社と考えるのはもちろんのことです。
事前にゆっくり検討できていれば一番良いのかもしれませんが、そうもいえない突然のこともあるかと思います。
また、大切な家族が亡くなり悲しみや混乱で冷静に判断できないようなときは、故人のことを良く知る知人や親しくしている信頼できる人など第3者にも相談すると安心できるかもしれません。

葬儀社何社からか見積りをとって選択することをお勧めします。
葬儀社にも特徴がありますので、予算、形式、大体の人数や規模などの希望を決めて、葬儀社に伝えそれを実現させてくれるよう努めてくれる葬儀社に依頼するといいでしょう。
葬儀を行うことはそう何度もあることではないのでわからないことが多いと思います。
わからないことにも親身に相談に乗ってくれる葬儀社や担当者に依頼すると気持ちよく葬儀を行うことができそうです。

また費用についても、見積りにあげられる金額は葬儀社に払う金額で『葬儀一式』のみの金額になります。
葬儀全体でかかる費用は、ほかに会場使用料、飲食代、火葬料などの葬儀社が立替てくれる実費や寺院に払うお布施の代金など多額になります。
そのような費用のことも事前に詳しく説明してくれる葬儀社や担当者だと安心ですね。
遺族は病院や近親者への連絡などに追われ、時間に余裕がないと思いますが、葬儀社の事務所に足を運ぶなどして、葬儀社や担当者の雰囲気を感じられると
葬儀社を選ぶときに大きな材料になるのではないでしょうか。