人が亡くなったとき

葬儀の事前準備
お香典返しとは?
よい葬儀社
危篤から葬儀まで
喪主の挨拶
葬儀・お通夜のマナー
葬儀の種類
葬儀の費用
葬儀後の手続き

お香典返しとは?

葬儀で香典やお供え物をいただいた方へ、挨拶状を同封してお返しの品をおくることを香典返しと言います。
仏教式の葬儀の場合、香典返しの時期は四十九日法要がおわり忌明けした頃です。
遅くとも忌明けから一カ月程度で送りましょう。
地域や葬儀社によっては、葬儀当日に香典返しを行う即日返しということもあります。
地域、宗教、宗派によってしきたりがあることも多いので葬儀社や周りと相談して準備するとよいと思います。

香典とは、葬儀などで遺族の急な出費を助ける意味のものなので、本来お返しの必要ないものでしたが、近年の傾向として香典返しは一般的に行うものとなっています。
親が亡くなり子供だけが残された場合や、経済的に厳しいなどの理由がある場合、お返しを辞退された方には無理に品物を返すと先方にも気を遣わせてしまうので無理に品物を送ることはせず、いただいた香典の使い道や今後残された遺族で支えあっていくといった内容を盛り込んだお礼のお手紙を送るとよいでしょう。

香典返しの品物の金額は、香典の半分から3分の1程度の金額が目安です。
人が亡くなっているので縁起がよくないので、後に残らない消えてなくなるものがよいとされています。
お茶、のり、砂糖、コーヒー、菓子、乾物などあとに残らないものや石鹸、タオル、寝具などの実用品が多く選ばれますが、自分の好きなものを選んでもらえるカタログギフトを
使うことも最近は増えています。

品物は弔事用のし紙で表書きは『志』が多く使われています。
『志』はどの宗教でのつかえるので無難でしょう。
水引の色は黒白ですが関西地方や一部の地域では黄色が使われます。
表書きの下に喪主の苗字だけを書きます。

同封するお礼の挨拶状の内容は、香典やお供え物をいただいたお礼と、四十九日法要を無事に終えたことの報告をいれます。
書き方は、縦書きで句読点はいれません。
手書きやインターネットからダウンロードできるテンプレートなどを使用して自分で用意することもできますが、悩むことも多いと思いますので、葬儀社やデパートなどで
用意されているものを利用するのがお勧めです。
数種類の文例を選び、日付や名前をいれて印刷してくれます。

弔電や団体名でいただいた香典に対しても、香典返しを行ったほうがよいとされます。
弔電に対しては、電報料をかけていただいているので1000円~1500円程度。
団体でいただいた香典に関しては、香典の半分から3分の1程度の金額で複数の人数で分けて食べてもらえるような菓子詰めを用意したらよいでしょう。
連名で香典をいただいた場合は、それぞれに個別に香典返しをします。
香典も香典返しも気持ちのものになりますので、金額やしきたりにあまりこだわらなくても良いと思います。