人が亡くなったとき

葬儀の事前準備
お香典返しとは?
よい葬儀社
危篤から葬儀まで
喪主の挨拶
葬儀・お通夜のマナー
葬儀の種類
葬儀の費用
葬儀後の手続き

危篤から葬儀までの流れ

病院で危篤となった場合、まずは家族親戚に連絡しましょう。
お世話になっている方や生きてきるうちに会っておきたい方などにも連絡します。
急ぎの用件になるので、時間帯にもよりますが電話での連絡が良いと思います。
病状や病院の場所、こちらの希望を伝え先方の都合を伺い、こちらの連絡先を伝えます。

自宅で危篤になった場合、主治医がいれば連絡をとり指示してもらいますが、そうでない場合は119番通報し救急車で病院へ搬送してもらいます。
もし、自宅で突然死や事故で亡くなっていた場合でも119番通報し、指示をもらいます。
医師に死亡の判定をしてもらうまでは、動かしてはいけません。

医師に死亡判定されたら、死亡診断書をもらいます。
保険の手続きなどで原本が必要な場合がありますのでできれば2,3通もらいましょう。
病院で亡くなった場合は、看護士が死後処理をしてくれます。
体を拭き清め、鼻・耳・口・肛門に綿を詰めます。
ひげをそったり薄化粧などで送り出してくれる病院もあります。
死後処理費用は、保険適用外になります。

その後、病院の霊安室で安置されますが搬送先が決まるまでの仮の場所ですので、早めに搬送先を決めましょう。
自宅に安置し、家族でお別れをするのが一般的ですが、最近はマンションなどの住宅環境や自宅が狭いなどの理由で、葬儀場や火葬場の保冷庫で安置するケースも増えています。
依頼する葬儀社が決まっているのであれば、遺体の搬送をお願いします。

葬儀社が決まっていない場合は、病院が紹介してくれる葬儀社に搬送だけ依頼し、葬儀は他の葬儀社に依頼することも可能です。
枕飾りをし、着替えさせ、納棺します。
棺には思い出のものを一緒に入れることができますが、燃えやすいものを選ぶと良いでしょう。

葬儀社が決まっていれば、役所での手続きの方法やその後の相談ができるでしょう。
死亡届けを提出し、葬儀の日程、費用、仏教式の場合はお寺への連絡、戒名を付けていただくなど葬儀を行うまでを説明してくれます。
死亡届が提出されると金融機関にも連絡がいき、銀行口座などが凍結されますので、葬儀などで現金が必要な場合は早めに引き出しておくことをすすめます。