人が亡くなったとき

葬儀の事前準備
お香典返しとは?
よい葬儀社
危篤から葬儀まで
喪主の挨拶
葬儀・お通夜のマナー
葬儀の種類
葬儀の費用
葬儀後の手続き

葬儀の費用

葬儀にかかる費用の全国平均金額は、200万円程度です。
と言いましても、地域によって葬儀にかける費用はだいぶ違っていて、金額の低い地域で150万円ほど、高い地域で380万円と差が大きく開きます。
その地域の慣わしや、物価の違いから金額に差が出ているようです。

一般的に、葬儀業者のプランや見積もりにある、『葬儀一式』の費用を見ると安く感じると思いますが、提示されている金額は葬儀を行う全てが含まれていませんので注意が必要です。
『葬儀一式』と称されている金額に含まれているものは、祭壇や棺、遺体の処置や搬送費などです。
これらは葬儀業者に支払う金額になります。
祭壇飾りなどのグレードで金額は違ってきます。

そのほかに、会場使用料・会葬御礼品・通夜振るまい・霊柩車・火葬料や火葬場で会葬者になっていただく控え室、飲食料など葬儀業者が『立替の実費』でかかる費用があります。
これらは、会葬者の人数によって大きく左右されるもので、人数の多い場合は会場の広さや通夜振る舞いの飲食代などかかりますので、人数の予想をして準備したほうがよいでしょう。
また、当日の担当者やお手伝いしてくださる方への心付けも忘れないようにします。

『葬儀一式』『立替の実費』の他に、仏教式の葬儀の場合は『寺院へ納める費用』でお布施があります。
故人が信仰していた宗教式で葬儀を行う場合もお礼が必要になります。
お布施の場合、読経料と戒名料と合わせて50万円ほどが相場のようですが、つけていただく戒名によって金額も違います。
仏教式の場合は、葬儀が終わった後も、初七日法要、49日法要・・・と法要毎にお布施が必要です。
納骨、仏壇なども必要になりますね。
お墓がない場合は、墓地や墓石の購入も検討します。

葬儀にかかる費用は、思っているより高く感じますが、葬儀の内容やどこに重点を置いて故人の供養にあてるのか考えて行うとよいでしょう。
また、悪質な葬儀業者は悲しみにくれている遺族に対して、故人の為にと高いプランを強引に勧める場合もあるようですので、葬儀費用の予算を葬儀業者に伝えその中で
出来る葬儀を一緒に考えてくれる葬儀業者を選ぶことも大切だと思います。

葬儀では、会葬者からいただく香典や健康保険組合からの補助金一時金などの収入もありますので、これらも考慮して悔いの残らない葬儀を考えてみてはどうでしょう。