人が亡くなったとき

葬儀の事前準備
お香典返しとは?
よい葬儀社
危篤から葬儀まで
喪主の挨拶
葬儀・お通夜のマナー
葬儀の種類
葬儀の費用
葬儀後の手続き

葬儀の種類

葬儀には様々な種類があります。
日本でよく行われているのが仏教式の葬儀です。
香をたき僧侶の読経というものが一般的な仏式です。
宗派によって、お経や作法が違いますが、通夜、葬儀、火葬、埋葬、法要といった流れで行われます。

葬儀と告別式とは違う意味の式ですが、近年は一緒に行うことが多くなっています。
自宅で行う場合は会場費など抑えることができますが、設備やサービスが整っている葬祭会場で行うことが最近では多いです。
生前信仰していた宗教が故人にあった場合は、その宗教の方法で葬儀が行われます。
キリスト教式の葬儀は、決まった形式はありませんが、日本で行われているキリスト教式の葬儀で仏教式のお香を献花にかえたり通夜の代わりに前夜祭を行うなどしているようです。
神式の葬儀は、神職の斎主が行います。
神社で葬儀を行うことはできませんので、自宅または斎場で行います。

信仰している宗教によって、形式や作法は全く違います。
会社の社長や会長など、役職の高い方が亡くなった場合や、殉職した場合に会社が葬儀を行うものを社葬と呼びます。
社葬となると、規模が大きく準備に時間がかかることから、家族などで密葬を行いおよそ1カ月後くらい経ってから社葬を行うことが多いです。
個人葬と社葬を一緒に行うことや、複数の団体が合同で行う場合は、合同葬と言います。
社葬を行うことが前提で家族だけで行う葬儀を密葬と言います。

家族葬と呼ばれる葬儀は、家族と近しい友人などで行う小さな葬儀です。
心をこめてゆっくり故人を送りたい、金銭的負担を減らしたいといった理由で家族葬を選ばれる方が増えてきているそうです。
同じような理由で、直葬といって、儀式をしないで火葬のみ行う場合もあります。
家族葬にしても直葬にしても、お別れを言いたかったという親族や友人への配慮が必要ですので葬儀を行わなかった内容の連絡は必要になると思います。

特別決まった形式のない葬儀を自由葬と言います。
会場を花で飾り、祭壇に遺影を置き、故人の好きだったもので別れの会を開くといったようなものです。
音楽が好きだった方は、会場に好きだった音楽を流すなどして音楽葬と呼ばれる葬儀にすることもあります。
こういった形の葬儀は、葬儀業者や会場は慣れないことですので、よく打ち合わせをしておく必要があると思います。

山や海に散骨してお別れする方法を自然葬といいます。
葬儀の後、遺骨の一部またはすべてをまきます。
生前葬と呼ばれる葬儀もあります。
名の通り、生きているうちにお世話になった方を招きお礼やお別れをすることができます。
生前葬を区切りに新しい人生を歩もうと考えるかたも増えてきているようです。