人が亡くなったとき

葬儀の事前準備
お香典返しとは?
よい葬儀社
危篤から葬儀まで
喪主の挨拶
葬儀・お通夜のマナー
葬儀の種類
葬儀の費用
葬儀後の手続き

葬儀後の手続き

大切な家族が亡くなり、まず葬儀を済ましますが、その後やっておかなければならない手続きがあります。
わからないことは、葬儀社やお寺などに教えてもらうとよいでしょう。

《法要の準備》
初七日、四十九日法要、一周忌と法要を行います。
法要を行うにあたって準備しておかなければならないことがいくつかありますので確認しておきます。
・お寺の確認
・会場の手配
・香典返し・料理の検討
・案内状送付
・位牌準備、仏壇がない場合は用意する
・納骨の相談、手配
《事務的な手続き》
法的なものなので忘れずにしましょう。
葬儀の前に死亡届を提出し、火葬許可証を発行してもらい葬儀を済ませます。
次に挙げるような他の手続きは、葬儀後にすると落ち着いてできると思います。
・故人が世帯主だった場合は住民票の世帯主の変更
・健康保険、介護保険の喪失届
・年金受給者は停止手続きおよび遺族年金の手続き
・病院への支払った額が該当すれば高額療養費の申請
・所得税の申告や医療費控除
など、市役所、会社の保険組合、税務署等への届け出が必要になります。
それぞれの代表窓口で聞けば職員が説明してくれると思いますので、漏れなく届けます。

・運転免許所
・クレジットーカード
などは個人名義のもので解約や返納が必要となります。

・光熱費請求
・電話
などは、継続して使用する場合は名義の変更をします。

・生命保険
死亡給付金などの契約をしている場合は、代理人になっている方が保険金の請求をします。
・不動産
・自動車
・預貯金、株
などがある場合は、遺族内で相続が決まってから名義変更等の手続きをします。

各種、届けを提出するのに死亡してから何日以内など期限があまりない場合もありますので、まずはやらなければならない手続きを確認して一覧にしておくと安心です。
また添付書類しなければならない書類があるかの確認もし、どんな書類が合わせて何通必要か把握しておき何度も取り寄せる手間がかからないようにしたいですね。

お寺や役所の手続きのほかに、葬儀でお世話になった方への挨拶回りも忘れずにしておきましょう。
合わせて四十九日法要の相談や日時の案内もしておきます。
遺産相続などの話し合いは、通常四十九日法要が終わってから行います。
相続に関しては、専門の方に依頼して手続きを済ませると、トラブルが少なく済ませられると思います。